話術を活かして無料でセフレを作る方法

◆誰でもセフレを作れる?

セフレは、面倒くさいことのない、とても都合の良い関係ですが、実際に作るとなると、まぁ、恋人を作るのと同じくらいタイヘンです。
ルックスも多少は関わってきますし、トークスキルも高くなければ、女の子を楽しませることができない、つまりモテない。

しかし、最低限、話術だけでもいっていの水準に達していれば、誰でも無料で、セックスフレンドをつくることができるのです。

むろん、それは、出会い系サイトを使う方法ではありません。
無料のサイト――SNSを使うのです。

◆SNSでは話術が物を言う

SNSというのは、本来、出会いを提供するサイトではありません。その証拠に、サイト内で、「会おう」という発言をしたり、アドレスを交換しあったりした場合は、利用停止や強制退会などのペナルティを受けてしまいます。

当然のことながら、そこにいる女の子というのも、出会いを欲してはいません。
むしろ、会うことを目的として近づいてくる男を軽蔑してさえいます。

では、どうやって、そんな女の子たちを口説いていくのか。
そこでトークスキルが必要になってくるんです。

◆メールで仲良くなる

まずは、同じコミュニティに属している子や、趣味が同じ子など、会うことを直接連想させない理由で女の子にメールします。
そこでいくつかやりとりを交わし、仲良くなったら友達登録をします。
そして、その女の子が、日記や呟きを残すたびに、マメに返信します。

ここで重要なのは、相手が欲していそうなコメントを返信することです。
上から目線なコメントや、年齢を理由に諭すようなコメント、持論を押し付けるようなコメントなどは絶対にしないこと。

女の子は、自分が求める答えを言葉、文字にして述べてくれる男性を好く傾向にあります。そのへんを理解して、その子が求める回答をする。これも、ひとつのトークスキルであり、セックスフレンドを作るのに欠かせない能力です。

◆頃合を見て連絡先を訊く

さて、その子とかなり親密になれたと思ったら、連絡先を交換しないかと誘ってみます。
メールアドレスくらいだったら、意外と簡単に教えてくれるはずですよ。

このとき、ペナルティを避けるために、アドレスを暗号化して送ったり、スカイプなどネット上でのコミュニケーション方法を間に挟んだりするのがポイント。
運営に目をつけられればいつか強制退会を食らいますから、なるだけペナルティは避けたいところです。

◆信用してもらったら

そして、直接連絡を取り合い、さらに交流を深めて、相手もかなり自分を信用してくれているなと思ったら、実際に会えないかどうか訊いてみましょう。

お互いに共通する趣味などを理由に誘うのが基本ではありますが、あえて「デートしよ」とはっきり言ってみるのもいいかもしれませんね。ここでも、「セックスしたい」という下心を隠すのが大事です。

そして、デートはなるべく飲み屋などにしましょう。
アルコールが入れば気分は開放的になり、女の子のお股もちょっと緩くなります。そしてセックスまでこぎつけて、その後も彼女が会ってくれるようなら、晴れてセックスフレンドをゲット、というわけです。

SNSですと、やはり、出会い系を使うよりは時間がかかってしまいます。しかし、無料でセックスフレンドを作ることができるのですから、そこは我慢するしかないですね。
気長にのんびりやっていきましょう。